【2022年最新】競馬ソフト ALGO SPEEDER【徹底解説】

競馬ソフトALGO SPEEDER 徹底解説

競馬ソフト「ALGO SPEEDER」について徹底解説

競馬ソフト「ALGO SPEEDER」について解説していきます。

ALGO SPEEDERの概要

概要 スピード指数に特化した競馬ソフト。
シンプルな馬券シミュレーションや自動投票も可能。
作者ホームページ http://www.ratebuster.co.jp/
ダウンロードページ https://jra-van.jp/dlb/sft/lib/algospeeder.html
基本料金 無料
有料オプション なし
タグ #基本無料 #完全無料 #スピード指数 #自動投票 #地方競馬対応

ALGO SPEEDERの動作環境

CPU Core2Quad相当以上
メモリ 2GB以上
HDD 5GB以上
ディスプレイ 1024×768以上
通信速度 ADSL回線以上

ソフトの機能詳細

競馬ソフト ALGO SPEEDER 出馬表

ALGO SPEEDERは、スピード指数閲覧ソフトです。

馬場指数をトラック別、レース別に独自で設定することが可能です。

また、過去走のスピード指数から、ユーザー独自の設定によって今走の予想スピード指数を算出することも可能です。

コース毎の基準タイム、馬場差、レース毎補正データは無料で提供されます。

中央競馬だけでなく、地方競馬にも対応しています。

他にも、スピード指数をベースとしたシンプルな馬券シミュレーションや、自動運転(自動投票)も可能です。

レース毎補正データとは

  • レース毎に設定できる値
  • そのレースに出走していた全馬に適用される
  • 馬場指数の補正の代わりや、レースレベル値の補正として使う感じ?

競馬ソフト ALGO SPEEDER レース毎補正データ

ALGO SPEEDERのスピード指数計算式

ALGO SPEEDERのスピード指数の計算式は下記の通りです。

スピード指数=(基準タイム-走破タイム+馬場差+レース補正値+50)×トラック係数

トラック係数とは、トラックごとに1秒の価値を変えるためのもので、ALGO SPEEDERでは芝:1、ダート:0.7、障害:0.4、ばんえい:0.09とされています。

また、距離指数が加味されていないため、長距離レースの方が指数の幅が大きくなりそうです。

今走の予想スピード指数設定

競馬ソフト ALGO SPEEDER 予想スピード指数のロジック設定

過去走のスピード指数から、今走の予想スピード指数を作成するにあたり、その作成ロジックをユーザー自身で設定できます。

そうすることで、自分だけの予想スピード指数を作成することも可能です。

馬券シミュレーション機能

競馬ソフト ALGO SPEEDER 馬券シミュレーション

レースの検索条件と馬の絞り込み条件をシンプルに設定し、過去データでシミュレーションを行うことができます。

独自に設定した今走予想スピード指数の精度を確認することができます。

自動運転(自動投票)機能

競馬ソフト ALGO SPEEDER 自動運転(自動投票)

馬券シミュレーションと同様に、レースの検索条件と馬の絞り込み条件をシンプルに設定し、自動投票を行うことができます。

基本的にファクターはスピード指数のみとなります。

少し気になる点

  • 日付選択や競馬場選択などが、全て手動なので過去のレース開催日などを調べなければならないため、少し使いにくい
  • スピード指数のみで競馬で勝つのはかなり難しい
  • レース中の不利や距離のロスなどの補正データが加味されていない

競馬ソフト ALGO SPEEDERまとめ

  • スピード指数を完全無料で見れるのはありがたい
  • スピード指数に特化した自動投票になるため、このソフトだけで競馬で勝つのは難しい
  • とはいえ、スピード指数を無料で見たいなら導入すべき

以上となります。

それでは素敵な競馬ライフを!