単勝回収率と複勝回収率の考え方

単勝回収率と複勝回収率の考え方

データ分析における単勝回収率と複勝回収率

データ分析における単勝回収率と複勝回収率

私はデータ分析において「単勝回収率」「複勝回収率」をベースとして評価をしています。

すると、単勝回収率は高いけど複勝回収率は低いデータ、逆に単勝回収率は低いけど複勝回収率は高いデータなどがよく出てきます。

今回はそれらをどう評価しているかをお話しします。

回収率の計算式

回収率の計算式は下記のとおりです。

「回収率(%) = 払戻金 ÷ 賭金 × 100」

単勝と複勝の控除率

単勝と複勝の控除率は20%です。

他の券種は70~77.5%ですので、2.5~10%も得です。

勝馬投票法ごとの払戻率

他の券種よりもシンプルでわかりやすく、稼ぎやすい券種であることがわかります。

つまり、単勝回収率と複勝回収率の評価をするにあたっての基準値は80%となります。

実際にデータ分析に使用するデータについては「競馬の回収率分析に適したデータの選び方
」をご覧ください。

単勝回収率と複勝回収率

単勝回収率とは

単勝回収率は、1着馬の総合評価(人気)と実際の着順との差を表しています。

単勝回収率100%を超えるデータは、単純に買い続ければ儲かるデータです。

1着馬限定ですので、単勝、馬単の頭候補、三連単の頭候補選びに最も適していますが、

1着馬の馬券評価ということは、そもそもその条件において、総合評価(人気)と実際の着順との差が大きいデータとも言えます。

ですので1着馬に限らず狙えるデータ条件と言えるでしょう。

複勝回収率とは

複勝は、3着馬までに払い戻しがあります。

特徴としては、3着までに入った他の馬の人気(オッズ)によって、自身の複勝払い戻し額が大きく変わります。

ですのでデータ件数が少ない場合、データの精度としては低くなってしまいます。

しかしそれも100件、1000件といったデータを検証する場合は中央値に収束されていきますので、データ分析には問題ありません。

なにより3着馬までの馬券評価を簡単にできる貴重なデータです。

三連複の分析に最も適してはいますが、三連単や馬連など他の券種分析にも使いやすい総合的なデータと言えます。

単勝回収率と複勝回収率の使い方まとめ

単勝回収率と複勝回収率のどちらも、基本的に多券種の分析に使えるデータということがわかりました。

ですので、私はシンプルにその「単勝回収率と複勝回収率の平均」を基準としてデータ分析を行っています。

どちらかだけが高い場合や低い場合もありますが、それらも平均をとることで使いやすいデータになります。

競馬投資の考え方カテゴリの最新記事