京都競馬場・ダート1800mのコースデータ回収率分析

京都競馬場・ダート1800mのコースデータ回収率分析

京都競馬場・ダート1800mの基本データ

京都競馬場・ダート1800mのコースデータ回収率分析です。

分析に使用するデータは、2014年1月1日~2018年12月31日の5年分です。

京都競馬場ダートコース-コースデータ

最初のコーナーまでの距離 286m 【短い】
直線距離 329m 【普通】
ゴール前直線の坂 なし
推定ペース ややHペース
リンクコース

ラップ分析

このコースを走った全馬のラップタイムです。

対象データは、2014.1.1 ~ 2018.12.31までです。

京都競馬場ダートコース-断面図

京都ダート1800m-コースデータ-ラップ偏差

京都ダート1800m-コースデータ-クラス別ラップ

平均タイム: 1.55.9 – 前3F: 36.8 – 後3F: 37.9

PCI3: 50.6 – RPCI: 49.4

(PCI3とは?RPCIとは?)

京都競馬場・ダート1800mの回収率分析

人気

人気と回収率のデータです。

京都ダート1800m-コースデータ-人気

人気からは、特に傾向は見られません。

馬番・枠番

馬番・枠番と回収率のデータです。

京都ダート1800m-コースデータ-馬番

京都ダート1800m-コースデータ-枠番

馬番・枠番から見える傾向としては、

  • 最初のコーナーまでの距離が短いため、馬番1~9までの内~中枠あたりまでの馬の回収率が高め。
  • 馬番10~16の中~外枠の馬の回収率が低め。

というところです。

脚質 (レース結果の脚質)

脚質と回収率のデータです。

京都ダート1800m-コースデータ-脚質
脚質から見える傾向としては、

  • 逃げ馬の回収率が225%と非常に優秀、先行馬の回収率も123%と優秀。
  • 逃げ→先行→差し→追込の順で回収率が高い、前有利の基本的なコース。

というところです。

それでは上記の脚質傾向を踏まえた上で、馬王Zの予想展開を見てみましょう。

予想脚質 (馬王Z-予想展開)

予想脚質と回収率のデータです。

馬王の予想脚質である予想展開で分析していますが、他の競馬サービスの予想脚質の傾向として判断しても問題ないでしょう。

京都ダート1800m-コースデータ-予想展開

予想脚質から見える傾向としては、

  • 予想脚質が先行の馬の回収率が102%と高い。

というところです。

4角位置

4角位置と回収率のデータです。

京都ダート1800m-コースデータ-4角位置
4角位置から見える傾向としては、

  • 4角位置が1番手の馬の回収率が271%とかなり高い。2番手の馬も146%と高い。
  • 3~5番手までは回収率が95%以上。
  • 6番手以降だと回収率がガクンと落ちる。

というところです。

それでは上記4角位置の傾向を踏まえた上で、予想に使いそうな前走の4角位置を見てみましょう。

前走4角位置

前走4角位置と回収率のデータです。

京都ダート1800m-コースデータ-前走4角位置

前走4角位置から見える傾向としては、

  • 前走4角位置が1番手の馬の回収率が67%と低い。
  • 2番手の馬は回収率が高い。

というところです。

種牡馬TOP20

種牡馬と回収率のデータです。

京都ダート1800m-コースデータ-種牡馬

騎手TOP20

騎手と回収率のデータです。

京都ダート1800m-コースデータ-騎手

スピード指数 (JRDB-IDM)

JRDBのスピード指数IDMと回収率のデータです。

他の一般的なスピード指数の傾向として判断しても問題ないでしょう。

◎がスピード指数1位の馬、〇がスピード指数2位の馬、以降3位、4位と続きます。

京都ダート1800m-コースデータ-スピード指数

スピード指数からは、特に傾向は見られません。

前半3Fタイム指数 (JRDB-展開テン指数)

前半3Fタイムを指数化したテン指数から、今走どれくらい出せるかを推測した予想データ「JRDBの展開テン指数」のデータです。

そのテン指数と回収率のデータです。

他の一般的な前半3Fタイム予想指数の傾向として判断しても問題ないでしょう。

京都ダート1800m-コースデータ-テン指数
テン指数から見える傾向は、

  • テン指数が2~4位の馬の回収率が高い。

というところです。

ペース部のタイム指数 (JRDB-展開ペース指数)

スタートから残り3F地点までのペース部のタイムを指数化したペース指数から、今走どれくらい出せるかを推測した予想データ「JRDBの展開ペース指数」のデータです。

そのペース指数と回収率のデータです。

他の一般的なペース部タイム予想指数の傾向として判断しても問題ないでしょう。

京都ダート1800m-コースデータ-ぺース指数

ペース指数から見える傾向は、

  • ペース指数が1~5位の馬の回収率が高い。
  • 6位以降だと回収率が落ちる。
  • テン指数よりもペース指数で評価した方が良いコース。

というところです。

上がり3Fタイム指数 (JRDB-展開上がり指数)

上がり3Fタイムを指数化した上がり指数から、今走どれくらい出せるかを推測した予想データ「JRDBの展開上がり指数」のデータです。

その上がり指数と回収率のデータです。

他の一般的な上がり3Fタイム予想指数の傾向として判断しても問題ないでしょう。

京都ダート1800m-コースデータ-上がり指数

上がり指数から見える傾向は、

  • 上がり指数が1~3位の馬の回収率が高い。

というところです。

まとめ

京都競馬場・ダート1800mの分析は以上となります。

それでは素敵な競馬ライフを!

京都競馬場カテゴリの最新記事