【2019年最新】京大式スピード指数 ハイブリッド指数を分析!

【2019年最新】京大式スピード指数 ハイブリッド指数を分析!

京大式スピード指数ハイブリッド指数を分析

ハイブリッド競馬新聞~オリジナルデータ満載の競馬新聞

ハイブリッド指数とは

京大式スピード指数の久保和功さんが運営されている競馬サービスのスピード指数です。

HomePage: https://cyber-mm.jp/

「ハイブリッド指数」とは、過去のスピード指数から算出された今走の予測指数に、今走の「追切指数」、「乗込指数」などを加味した予測指数です。

ベースとなるスピード指数は、独自のスローペース補正や、レース中の不利やコーナーでの距離ロス補正などがなされた指数となっています。

追切指数と乗込指数は、調教内容を指数化したものです。

追切指数とは、調教時計やフットワーク、併せ馬の着差などから調教内容を評価し数値化したもので、前走時から追切内容が上向いているのか、下向いているのかの指標になります。

乗込指数とは、中間の調教内容を調教の強度や本数から分析した数値で、調教量を計る目安として利用できます。

過去のスピード指数から今走の予測し、そのスピード指数に調教分析ファクターを加味したものになります。

詳しく見たい方は下記をご覧ください。

ハイブリッド指数とは

ハイブリッド指数の回収率分析

  • 2016~2018年の3年間分
  • 単勝人気1~12番人気
  • 新馬、未勝利、未出走、障害レースを除く

ここでは上記の条件で分析を行っていきます。

トラック別のハイブリッド指数

ハイブリッド指数 – 芝コース (2016.1.1 – 2018.12.31)

京大式スピード指数-ハイブリッド指数-芝-2016-2018年

ハイブリッド指数 – ダートコース (2016.1.1 – 2018.12.31)

京大式スピード指数-ハイブリッド指数-ダート-2016-2018年

芝はそのままでは買えません。

ダートの方が明らかに高い回収率となっています。

ダートの指数1位の馬は単複回収率平均が90%となっており、非常に高い回収率となっています。

トラック・距離区分別のハイブリッド 指数

ハイブリッド – 芝コース 短距離 (1000-1399m) (2016.1.1 – 2018.12.31)

京大式スピード指数-ハイブリッド指数-芝-1000-1399m

ハイブリッド – 芝コース マイル (1400-1699m) (2016.1.1 – 2018.12.31)

京大式スピード指数-ハイブリッド指数-芝-1400-1699m

ハイブリッド – 芝コース 中距離 (1700-2099m) (2016.1.1 – 2018.12.31)

京大式スピード指数-ハイブリッド指数-芝-1700-2099m

ハイブリッド – 芝コース クラシック (2100m以上) (2016.1.1 – 2018.12.31)

京大式スピード指数-ハイブリッド指数-芝-2100m以上

芝コースは、距離が伸びるほど回収率が高くなっています。

スローペース補正が効いているのかもしれませんが、中距離以上の指数1位は買いですね。

ハイブリッド – ダートコース 短距離 (1000-1399m) (2016.1.1 – 2018.12.31)

京大式スピード指数-ハイブリッド指数-ダート-1000-1399m

ハイブリッド – ダートコース マイル (1400-1699m) (2016.1.1 – 2018.12.31)

京大式スピード指数-ハイブリッド指数-ダート-1400-1699m

ハイブリッド – ダートコース 中距離以上 (1700m-) (2016.1.1 – 2018.12.31)

京大式スピード指数-ハイブリッド指数-ダート-1700m以上

ダートは距離に関わらず優秀な回収率となっています。

指数1位がとくに優秀ですね。

2019年最新のハイブリッド指数まとめ

  • 芝コースの中距離以上の指数1位は、回収率85%。
  • ダートコースの指数1位は、回収率90%。

以上となります。

スピード指数全盛のこの時代に、指数だけで回収率90%を出せるのはとても凄いですね。

それでは素敵な馬券ライフを!

スピード指数/能力指数カテゴリの最新記事