競馬場のコースを分類する

競馬場のコースを分類する

競馬場コース分類

コースを分類することで傾向を探る

種牡馬や騎手などの各種ファクターにおいて、個々のコースでデータ分析を行うとどうしても件数が少なくなり、データの信憑性が小さくなってしまいます。

当HPのコースデータでも可能な限り正確な分析を行っていますが、やはり件数が多い方が傾向が見えやすく、データの信憑性も高いです。

どういう風に分類すれば良いか、まとめてみました。

芝、ダートで分類

競走馬、種牡馬、騎手などの分析で使用します。

芝とダートの適性を見るために、芝とダートで分類します。

回りで分類

右回り、左回りの分類です。

人間同様、馬にも右利き・左利きがあります。

芝・ダート別に分類します。

競走馬、種牡馬、騎手などの分析で使用します。

右回りコース
中山競馬場、京都競馬場、阪神競馬場、福島競馬場、小倉競馬場、函館競馬場、札幌競馬場
左回りコース
東京競馬場、中京競馬場、新潟競馬場

距離区分で分類

距離適性を見るために、距離区分は下記のとおりに分類します。

芝・ダート別に分類します。

競走馬、種牡馬、騎手などの分析で使用します。

芝コースの距離分類

短距離
1000-1399m
マイル
1400-1699m
中距離
1700-2099m
クラシック
2100m-

ダートコースの距離分類

短距離
1000-1399m
マイル
1400-1699m
中距離
1700m-

直線距離で分類

競走馬、脚質、種牡馬、騎手などの分析で使用します。

芝コース

短(-299m)
函館競馬場(262m)、札幌競馬場(266m)、福島競馬場(292m)、小倉競馬場(293m)
中(300-399m)
中山競馬場(310m)、京都競馬場 内回り(328m)、阪神競馬場 内回り(357m)、新潟競馬場 内回り(359m)
長(400m-)
京都競馬場 外回り(404m)、中京競馬場(413m)、阪神競馬場 外回り(474m)、東京競馬場(526m)、新潟競馬場 外回り(659m)

ダートコース

短(-299m)
函館競馬場(260m)、札幌競馬場(264m)、小倉競馬場(291m)
中(300-399m)
中山競馬場(308m)、京都競馬場(329m)、阪神競馬場(353m)、新潟競馬場(354m)
長(400m-)
中京競馬場(410m)、東京競馬場(502m)

パスワード保護エリア

ここから下はパスワードで保護されています。

続きをご覧になられる場合は、『LINE@に友達登録』をお願いします。(もちろん無料です)

パスワードが発行されます。

データ分析カテゴリの最新記事