JRA-VANデータをCrossFactorに取り込む

JRA-VANデータをCrossFactorに取り込む

JRA-VANの概要

JRA-VANデータラボ

JRAの公式データ配信サービス「JRA-VANデータラボ」について触れておきます。

CrossFactorでもデータの取り込みが必須となっています。

JRA-VANの特徴

  1. JRA公式データの配信
  2. 1986年から約30年間分のデータを取得可能
  3. 1アカウントでPC2台まで、200本以上の競馬ソフトで使用可能
  4. 競馬ソフトTARGETが使える
  5. 月額2,090円(税込)と安価

データ競馬を楽しむ上では必須のサービスです。

データベースの仕様書は下記にあり、CrossFactorではほぼほぼ全てのデータを取り込んで使用しています。
https://jra-van.jp/dlb/sdv/sdk.html

CrossFactorでJRA-VANデータを登録する

初回セットアップ時

CrossFactorにJRA-VANデータを登録する(初回セットアップ)

CrossFactorでデータをセットアップする手順は下記のとおりです。

  1. セットアップデータを選択する
  2. 前回処理日指定で、登録を開始したい日付を選択する
  3. セットアップ開始を押す

2回目以降のデータ登録

CrossFactorにJRA-VANデータを登録する(2回目以降のデータ登録<)

CrossFactorでデータをセットアップする手順は下記のとおりです。

  1. 通常データ(差分)を選択する
  2. セットアップ開始を押す

以上で、JRA-VANデータをCrossFactorに登録する方法についての解説を終わります。